エアコン屋さんの日記

2021年11月15日

ペットを飼われている方に是非読んでいただきたい~冬のお留守番対策~

🐶ワンちゃんの冬留守番対策

 犬の場合、一般的には18度~22度が適温だとされていますが、犬種によって多少の差があります。

 北海道犬やシベリアン・ハスキーなど、寒冷地域が原産地となる大型犬などは元々寒さには強い犬種です。

 それに対し、短毛の犬種や小型犬は寒さに弱いので、しっかりとした寒さ対策をすることが大切です。寒さに弱いとされる代表的な犬種は、イタリアン・グレーハウンド、トイプードル、チワワ、パグ、パピヨン、ポメラニアン、ミニチュア・ピンシャー、ブル・テリア、ボストン・テリア、フレンチ・ブルドッグなどです。

 また、愛犬の年齢(老犬や子犬)、体形(痩せているかどうか)などで、温度への要求も変わってきますので、場合によって適当な調節が必要です。

🐈猫ちゃんの冬留守番対策

 猫の場合は、元々寒がりな動物なので犬の場合の一般的な暖房温度よりもやや高く、20度~23度ぐらいが適温です。

 また、この適温はどの品種にも適していますが、犬と同じく、年齢や体形、体質等で変わってきます。子猫の場合は1~2度上げた方がいいかもしれません。

🐤爬虫類・インコ等

 爬虫類は変温動物で体温調整ができないため、ヤモリやヘビなどを飼う場合は特に、一年中温度に気をつけなければなりません。
 パネルヒーターであれば「ケージの下に置く」「蓋に取り付ける」「側面に取り付ける」などの使用方法が可能で、ペットの種類によって設置場所や快適温度が異なります。

 インコは元々暑い所で生活していたため、夏よりも冬の方が温度管理が必要です。一般的には20度以上でなければなりません、25~30℃が望ましいです。インコは敵にばれないように、病気や傷等があってもそれを隠そうとする傾向があります。その為、インコが目で見るだけでも状態が悪いのがわかる場合は、相当病気が重いと思われます。その為、体調を崩さないよう、低温や頻繁な温度の変化は避けた方がいいです。

 ケージの種類や大きさ、形によって適している保温器具が変わってきます。小鳥の場合は、水槽で育てている方も多いでしょう、この場合はエアコン以外、パネルヒータもお勧めです。

 家ではオカメインコとコザクラインコを飼っておりますが、喧嘩防止の為留守番の時は別々のケージに入れています(笑)。オカメインコは「オカメパニック」で傷ができることを防止するため、アクリルのケージを購入しました。そんなに大きくない為、エアコンを付けたり、パネルヒータを使ったりしています。コザクラの方は動くのが好きなので、大きめのケージを用意しています。ケージが大きくなった分、加熱も難しく、熱も逃しやすいです。その為、50Wの保温電球を使用しております。これをケージカバーと併用ずることで、すぐ暖かくなります~

🐡熱帯魚

 熱帯魚を飼う際には「水が汚れるのを防ぐためのフィルター」「水温管理のためのヒーター」「水草の光合成を促すためのライト」を準備しましょう。
 ライトには「水草の育成」のほかに「バイオリズムを整える」「餌を見つけやすくする」などの効果もあります。

☆彡まとめ

 大切なペットの健康を守るため、冬には保温対策が不可欠です。電気代のかからない製品を選んだり、併用したりすることで、電気代を節約できます。

 ※犬や猫はエアコンがおススメです。活動範囲が広いため、部屋全体を暖めることが必要です。但し、電気ストーブやファンヒーターなど、火事に繋がるようなものはつけっぱなしでお留守番させてはいけません。

  インコや爬虫類、熱帯魚などは、飼育の環境などで、保温手段が変わってきます。

  絶対に間違いないのは、エアコンを付けることでしょう。

 また、乾燥により粘膜等が乾燥しすぎて病気になってしまうケースもあります。その為、加湿器具で湿度を40~50%に保ちましょう~

 

 

♪ Instagramもはじめました ♪

♪ follow me ♪

ご不明点あればお気軽にお問い合わせください。

有限会社KNI 0800-080-2951

 

LINEはじめました !

QRコードリーダーで
スキャンして友達に追加☆彡

https://line.me/ti/p/8cEDRUVzcK

友だち追加

※お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。

  • お客様のお声
  • エアコンQ&A

対応エリア

◎ ネットショップ ◎
  • amazon
  • ラクマ
  • mercari
  • Yahoo
◎ 地域の情報 ◎
  • 阪神電車
  • 神戸公式観光サイト FeelKOBE
  • 大阪観光局 OSAKAINFO
  • そうだ京都、行こう。